スマイルの耐震リフォーム

耐震補強で安心して暮らせる住まいへ

想定外の地震が起こる

2017年に熊本で起こった地震は驚きの連続でした。

余震と本震がほぼ同じ規模で建物を襲いました。

耐震基準をクリアしている建物でも、被害が出てしまいました。

昭和56年の6月に耐震基準ができたため、それ以前の住宅耐震性が確保されているのが少ない状況です。

諦めるしかないのかと思われますが、今の基準にできるだけ合わせることで、耐震性を確保することができます。

熊本で起きた想定外の地震も二度と起こらないとはだれも断言できません。

大切な家族を守るために、耐震設計を取り入れて、安心な家づくりをしてゆきましょう。

 

同じ建物で耐震改修をした右の建物と耐震改修なしの建物を同じ地震を同時に起こさせた前後の写真です。

右側 耐震補強済み

左側 耐震補強無し

同時に地震発生装置で地震を起こさせて、

提供元 : 国立研究開発法人 防災科学技術研究所 E-ディフェンス

二階の瓦屋根は重い屋根のため耐震性の少ない建物は屋根の揺れに負けて1階の部分が倒壊してしまいました。

屋根の瓦を下すことでも耐震にはとても重要になります。

提供元 : 国立研究開発法人 防災科学技術研究所 E-ディフェンス

この写真は1階の開口部が大きいために、二階の重みで1階がつぶされてしまった建物です。

 

このような状態では逃げ出せることもできないので、

地震後でも命を守れる耐震改修をご検討ください。

1階が押しつぶされて倒壊した住宅
(新潟中越地震)

提供元 : 首都大学東京 土質研究室

耐震改修の流れ

耐震の不安を取り除き、現状を確認をして安心した暮らしを取り戻しましょう!

◆お問合せ

スマイルまでお気軽にお問合せください。

耐震診断は、まず現状を調査します。

簡単な我が家の耐震診断を図面や写真等でおおよそ確認をさせていただきます。

 

◆予備診断

図面がない場合などもありますのでその時は遠慮なくお伝えください。

耐震診断は、まず現状を調査します。

建物がいつ建てられてどの様な工法で建てられ、図面等があれば、図面等を確認して、図面と現状が同じかなど、資料の収集等を行い、耐震診断の準備をします。

 

◆現地調査

次に現地調査を実施し、その結果から耐震性の検討・評価を行います。どのような調査を行うかについては、建物の規模・重要度、調査の可否などを考慮し、診断レベルに応じて診断者が適切に設定します。

耐震診断実施後は必要に応じて耐震補強案及び概算工事費等を検討します。

お客様とのコミュニケーション等を重視して進め方をご相談させていただきます。

◆耐震補強工事

接合部の補強や壁の補強、劣化した部材の交換等をします

補助金等を使用する場合は、現場の写真等を整理して書類等の作成を行います。

株式会社スマイル 
ホーム&リフォーム

〒252-0326 神奈川県相模原市南区新戸2389-2

営業時間 am9:00~pm6:00 日曜祝日も営業

0120-57-4496

ご質問/ご相談などお気軽にご連絡ください

はじめました

お友達追加でイベントへの参加やお問合せが気軽にできます