リビングに入った瞬間に感じる開放感。子供たちの笑い声がどこにいても聞こえ、吹き抜けを通り抜ける風が心地よいM様邸。結婚当初はご主人の転勤のことも考え、働いている間はずっと賃貸と決めていました。「退職した時に、夫婦二人でゆっくりと過ごせるような平屋の一戸建てでも建てたいね」と話していたそうです。時期は決まっていないものの、いつかは家を建てようと考えていたので、本やインターネットで家を建てる時のポイントや法律的な事など一般的な情報は調べていました。「転勤扱いではなくなったのが家を建てようと現実的な話しになったタイミングです」と奥様。
 住宅展示場もどんな間取りがあるか参考までに行ってはみましたが、土地探しからお願いしたいこともあり、ホームページのある近隣の工務店に資料請求のメールをしました。やり取りをしているうちに、自然と最終的に残ったのは3社でした。その中でもアソビエクラブに決めた大きなポイントは、一般的な物件情報だけでなくより詳しい地盤のこと、駅からの距離などを分かりやすく説明したレポートが作成されていたことです。ご家族に快適で安全な住環境を提供すること、家を建てる上で当たり前で何よりも大切なことです。地域の特性を知り尽くした地元密着型のアソビエクラブだからこそ提供できるお客様目線でのきめ細やかなサービスとサポート、柔軟な対応がたくさんあります。
 工法についてもいろいろ調べられたご主人。寒がりな奥様には断熱に一番力を入れている会社が良いのではと考え、実際の工法が見る事の出来る構造見学会にもご参加下さいました。スーパーウォールのことも、基本的なことはご自身で調べており、実際に社長に会って本音のところ、考えや想いを聞きたかったそうです。「スーパーウォールもいろんな会社が取り扱っていますが、有志の集まり『アソビエクラブ』に加盟している時点で、片手間でやっているのではなくて、ここに命かけてやってるんだなと分かりました。