一番気になる陽当たり,相模原市の採光情報を元に設計段階で全ての部屋の「採光」を確認することができ、画像や動画を用いたシュミレーションを行います。窓の位置などの陽当たりにより変更もできますね。

全国のアメダスデータを元に相模原市の季節を考慮し、風向や風速を確認します。夏は多く風を取り込み、冬は風を避ける風の設計をスマイルでは行います。

どんなに断熱性能が高くても気密性能が高くなければ、省エネ・快適住宅にはなりません。SW工法の住宅は、1棟ごとに気密測定を実施し、建物の気密性能を確認します。 住宅性能表示制度の省エネ(温熱環境)の熱損失係数(Q値)・夏期日射取得係数(μ値)などから省エネ等級判定を行い、 さらに、暖冷房負荷計算・CO2排出量のシミュレーションが行えます。