ホームインスペクションとは?

ホームインスペクションとは、住宅のコンディションについて調査を行い、住宅の劣化状況、欠陥の有無、改修すべき箇所やその時期などを客観的に診断するもので、住宅診断や建物検査ともいわれています。

ホームインスペクション発祥のアメリカでは、地域差はありますが、取引全体の約80%の割合でホームインスペクションが行われ、すでに常識となっています。

日本ではまだ馴染みのない言葉かもしれませんが、宅地建物取引業法の改正により、2018年4月から中古住宅取引の際にホームインスペクション(建物状況調査)の説明が義務化されました。

ホームインスペクションの目的

ホームインスペクションを行う目的は、大きく2つあります。

1つ目は、中古住宅の売却や購入前に中古住宅の状態を把握し、後々トラブルにならないように安心して売買をするためです。

2つ目は、将来住宅売却をする為、または今お住まいの家に長く安心して暮らせる為に、「住宅履歴書」として残すためです。

中立な立場で診断・報告

ホームインスペクションを行う既存住宅状況調査技術者は、中立な立場で診断を行います。売主、買主のどちらかが有利になるような報告はいたしません。また、ホームインスペクションの結果からリフォームの必要がある箇所についてアドバイスをすることはありますが、リフォームの勧誘や営業をこちらからすることはありません。ホームインスペクションは、客観的な診断や報告が行われるからこそ信用性の高いものとして信頼されています。

調査の方法と所要時間

調査の方法は、目視、計測を中心とした非破壊検査です。オプションで、サーモグラフィカメラや鉄筋探査機などを使用した機材調査も承っております。

所要時間は、戸建てで3時間(屋根裏・床下の詳細調査をご希望の場合はプラス1~2時間)、マンションで2時間程度です。

ホームインスペクションの診断項目

一般社団法人 全日本ハウスインスペクター協会登録の既存住宅状況調査技術者が、大きく5つの部位について100項目以上の調査を行います。

◆外回り

基礎、外壁、屋根、軒裏、バルコニーなどの状態
(沈下、ひび割れ、欠損、腐食、蟻害、雨漏り跡など)

◆室内

壁、柱、梁、床、天井、建具などの状態
(ひび割れ、欠損、たわみ、剥がれ、傾き、雨漏り跡など)

◆床下

土台、基礎などの状態
(ひび割れ、欠損、腐食、雨漏り跡など)
*内部に侵入して雨漏りや蟻害の調査を行う場合はオプションになります

◆小屋裏

小屋裏、天井裏などの状態
(ひび割れ、欠損、腐食、雨漏り跡など)
*内部に侵入して雨漏りや蟻害の調査を行う場合はオプションになります

◆住宅設備

水廻り、換気設備、給湯機器などの状態

用意していただきたい資料

ご依頼の前に、住宅の間取り図や設備図面、確認申請書類をご用意いただけると調査をスムーズに行うことができます。資料が揃わない場合でもインスペクションを行うことは可能ですのでご安心ください。

価格

スマイルのインスペクション(建物状況調査)

対応エリア

相模原市、座間市、海老名市、厚木市、大和市、町田市

*その他のエリアはご相談ください

 

>ご相談はこちらへ