増築する時に気をつけることは、必ず建ぺい率や容積率など建築基準法に乗っ取り適正な方法で届け出などに配慮しながら計画を立てます。

 

30年や40年たつと立てた時の建築基準や市町村での規制などがありますので、特に防火基準等が増築の際に適応になる場合があります。

もちろん耐震にも拝領し、本当に増築が必要なのかも検討する余地があります。

 

増築するよりも内部の間取り等の変更や位置の移設などで導線や収納なども使いやすくなる場合がありますので、そちらも検討されると良いかと思います。