屋根の役割

普段の生活の中で、家の中については『ここが汚れてるな』『埃が積もってるな、掃除しよう!』という気持ちにすぐになると思いますが、家の外側についてはどうでしょう。

自分の家の外壁をまじまじと見る機会は意外に少なく、屋根についてはほとんど気にすらなっていないのではないでしょうか。

そんな気になってもらえない屋根ですが、屋根は雨や雪、強風や太陽による日差しや紫外線、気温の変化などから家も守ってくれている重要な役割をもっています。

屋根が破損して雨漏りなどしてしまうと、柱や外壁などが腐食し、壁や天井にカビが生えたりと生活環境が悪くなってしまいます。

家の寿命を縮めることにもなってしまうので、10年単位で屋根の点検やお手入れをして長く暮らしていける家にしていきましょう。

屋根の傷みがひどくなってきたら、屋根の葺き替えをご検討ください。

葺き替えとカバー工法

屋根の葺き替えは、既存の古い屋根を撤去して下地を補強した上で新しい屋根を張り替えることです。

カバー工法は、既存の屋根はそのまま残して、新しい屋根材で包んでしまう工法です。

カバー工法は、廃材が少なくてすむ、工事期間が短いといったメリットもありますが、重量が増える、下地の補強がされないなどのデメリットもあります。

スマイルでは、軽くて耐久性、断熱性のあるガルバリウム鋼板による葺き替えをお勧めしています。

屋根葺き替えの工程

足場を作り、工事スタート

既存の屋根材を丁寧に剥がしていきます

野地板を設置して下地を作っていきます

下地の上に防水シートを貼っていきます

EFルーフを取り付けていきます

最後に棟を設置し完成!

上部に換気棟を設置することで、屋根裏の熱気や湿度も上手に逃がしてくれます。